2018年3月4日日曜日

背中に背負った十字架。主よ、助けて。まだ生きる


久しぶりの長崎市。メガネ橋の所で撮りました。「ランタン祭り」の最中のようです。人の幸せって、何んだい? それは自分の足で歩けることです。歩ければ、どこへでも行けます。そういう当たり前の事、平凡な事が若い時は分からなかった。歩ける内は幸せです。
★ジンセイって、本当に「まさか」「まさか」の連続だった。病気をしないこと、健康であること、これが幸福の基本です。私の背中は、見えないから全く気がついていなかったが、背骨に添ってタテに1本の大きな手術の跡、中央から左横に1本の手術の跡、同じく右横に1本の手術の跡、十字架の形になっている、と気がついたのです。タテのキズは、足のスネの骨を箸の長さに切り抜いて、背骨に埋め込んだ。左横のキズは、肋骨を抜き取った。右横は、腎臓を摘出した。十字架を背負って生きてきたんだ。主よ、助けて下さい。こんな私を90歳まで生かして下さって、「神さま、いいんで、しょうか。すごーィ、お恵み」。振り返れば、痛みも、苦しみも、喜びも、主はご存知だった。神に感謝、としか言えない。
★名前は、どうでも、いい。その人の行為が、心に残る。