2017年10月30日月曜日

愛は、いつまでも枯れることはない。喜びのご縁

この世で一番大切なのは「愛」と「いのち」です。愛と、いのちは、神さまから出ているからです。
★久しぶりに、ロザリオ祭に参加して、聖コルベ館に入り、「聖コルベの居室」を見ました。聖コルベは五年間、この素朴な部屋で生活しました。右側に、ベッドがありました。ベッドは残っていませんが、ワラを敷いて、眠りました。部屋の係だったセルギウス修道士は、毎朝、ベッドのワラをほぐして、軟らかくしました。するとコルベ神父は「私が犠牲をするのを妨げないで下さい。ワラはそのままにして下さい」と願ったそうです。肺病を病み、この部屋で、永井医師から診察を受けました。長崎に上陸した後、大浦で一年間仮の修道院を設け、日本の宣教は六年でした。その後、アウシュヴィッツでの身代わりの愛の殉教が待っていました。「コルベ神父の愛は、いつまでも枯れることはない」
★コルベ神父が聖人になった年、1982年に生まれ、「マリア・コルベ」の洗礼名を受けた女の子が、母親となり、ご主人、俊雄さん(アシジのフランシスコ)と五人の子どもさん達が、ロザリオ祭に来て、私と出会いました。私は彼らをコルベ神父の資料館に連れて行った。聖コルベの身代わりの場面のビデオも見せました。
★帰りの車の都合もあり、彼ら家族と早めに別れましたが、今日、電話でお母さんに「その後、どうでした?」と聞いた。ビデオの後で、長男・小6の子は、洗礼名がコルベだから、興味を持ち、色々と質問をしたそうです。「どこの国か」「なんで、そうなったのか」「なぜ毒殺されたのか」。ミサの後で、皆さんに、お土産のご像と聖母のカレンダー、小さなペットポトルに入った「ルルドの水」をもらいました。小6の男の子は、それを飲んでしまって、家族でルルドへ上り、小さなポトルに水を入れた。ご主人は、自分の霊名から、コルベ神父と「つながり」があると喜んでいた。この後、原爆資料館を見て、町を走る電車を楽しみました。夜遅く、下関に帰ったそうです。
★長い人生で、この家族との出会いは、私にとって記憶すべき出来事となった。今日もその余韻は残っている。電話で、喜んでいるお母さんの声が聞けた。