2017年10月3日火曜日

入院7日目。明日、退院します。

昨日のステント入れ替えは、痛み、苦しみがあった。腰に麻酔はするがボウコウの中にカメラを入れる。その時、ドン痛とともに腰に重圧感があったが、ガマンした。抜いたステント(管)は「汚れが少なかった。もう少し期間を延ばしても良いと思う」と先生。
★「明日、退院しても良い」と先生「1、2か月後、腎機能を調べましょう」明日10時に退院します。
★体調は良好、熱も出ない。気にしていた難関は1つ越え、また、イノチをいただく。来年の誕生日迄、5か月は大丈夫だろう。90歳になる。新たな意欲も湧いてくる。
★病院にいると、ひとり身で、家族は誰もいないから見舞いに来ない。しかし、修道会の司祭達が同じ仲間として、励ましに来てくれるのが嬉しい。山内園長神父様が1日の夕方、来られた。高原修道士も頑張った。カオがパッと明るく、エガオになる。これがワタシの人生です。
★内科に入院していた村山修道士が今朝退院する。午前中、明子さん、高原修道士が見えた。午後から山長先生(女性)と千草さんが来る。
★入院のため、心配し、祈って下さった皆さんのおかげで、無事過ごすことができました。心より感謝します。