2017年10月16日月曜日

今日、けがれなき聖母の騎士会創設100周年記念

今朝は、ミサが終わって、ホームの信徒たちが解散したあと、修道者(5人=司祭3人、修道士2人)のみが残り、「けがれなき聖母の騎士会創設100周年」の記念の祈りと黙想を捧げました。
★ローマのコンベンツアル聖フランシスコ修道会の大神学校で、1917年10月16日の夕方、つまり10月17日の聖女マルガリタ・マリア・アラコクの祝日の前夜祭に、マキシミリアン・コルベ神学生(当時)は一室に司祭1人と神学生の同士合わせて7人を集め、彼が1人で練り上げたプログラムを書いた小さな紙片を朗読して、全員が署名した。これが「騎士会」の起こりであり、その内容は現在の「聖母の騎士会証書」と同じものです。
★騎士会が出来て、今日で100周年を迎えました。コルベ神父の事業の始まりです。騎士会の目的は、人々の改心と成聖のため、けがれなき聖母のご保護と仲介の下で努力する。条件は、①けがれなき聖母に御手の道具として自己を全く奉献する。②騎士会の事務局の会員名簿に名前を記入する。③不思議のメダイを身につける。目的達成の方法は、不思議のメダイの配布に努める。身分職業に応じて、目的達成のため祈り協力する。
★ここから、コルベ神父によって、ポーランドに、ニエポカラヌフ修道院が創立され、日本には長崎に聖母の騎士修道院が創立された。すべては、ここから、100年前の今日からけがれなき聖母への霊性と事業は起こったのです。その中には、コルベ神父の殉教、列福、列聖などの出来事がありました。
★長崎の聖母の騎士会の会員名簿には、「永井隆博士」や「北原怜子(さとこ)」の名前もある。右の会員証書は、恐らく残存する中では一番古い証書であろう。昭和25年11月の入会で、霊名は「ルチア」とある。彼女は、後日、シスターとなり、騎士会のため福祉の事業に働いて、数年前に、神に召された。
★韓国、ポーランド、イタリアなど、全世界に、400万人の騎士会の会員がいる。要は、不思議なメダイを身につけて、けがれなき聖母マリアさまに結ばれて、神イエスへ向かうカトリック信者の会なのです。