2017年10月8日日曜日

「トマさんのことば」の編集者の2人が訪ねて来る

15秒の出会いから、「トマさんのことば」まで仕上げて下さったお恵みの人、野々村哲さんと塩沢美樹さんが、連休を利用してホームの自室に訪ねてきた。
★野々村さんは、聖コルベ館に20数回通って、資料室で、トマ修道士が写した写真の整理を行なって下さっている。写真の中には、眠らせたくない「よい写真」があるそうです。パソコンに取り組んだ写真を見せてくれた。
★野々村さんは写真が趣味で、彼の目で見たところ、ゼノ修道士や、聖母の騎士の修道士の生活など、また、ポーランド・ニエポカラヌフ修道士たちを撮った中になど「よい場面」があるそうです。それらの中間報告に来ました。何とか、その写真が、まとまらないものか、願っています。
★昼食前に2人は来たので、いっしょにホームを野々村さんの車で出て、食事処へ行きました。食事を楽しみ、それから山へ登り、故・シスターアグネス永松のお墓参りをしました。今月の19日が命日で、50回忌を迎えます。シスターは命の恩人で、いつになっても忘れない。
★その後、シスターの修道院を訪ねて、以前、ホームの職員だったシスター松下さんに会いました。2人を見ると、「ああ、『トマさんのことば』の人たちね」と覚えてくれていたので、2人の顔はほころび、喜びを表しました。野々村さん、美樹さん、彼らとの出会いは、本当に不思議なお恵みといえます。心から、その運びに感謝しています。
★修道女院のシスター松下さんは、1972年創建の聖ヨゼフ小聖堂へ案内してくれました。壁画の美しい小さな教会でした。毎日、ここでシスターのお祈りが交代でなされているそうです。その祈りが奇跡を呼んでいるらしいです。聖ヨゼフは隠れた聖家族の守り手でした。悲しみ、苦しむ人を必ず守って導いてくださいます。今日は、2人に出会えて、嬉しい、楽しい日になりました。