2017年10月31日火曜日

ロザリオの月、終わる。ホームでは祈りは続ける

ロザリオの聖母マリアの聖絵です。御子イエスの御手から、また聖母マリアの御手から、ロザリオが与えられています。左は聖ドミニコ。ロザリオを広めた聖人。右は聖女シエナ・カタリナ。13世紀頃から、ロザリオは唱え始まった。成聖と改心のために、「ロザリオを唱えてください」「祈ってください」。これがルルドでも、ファチマでも聖母ご出現のお願いでした。
★ホームでは、毎日、午後に、20人ほどの皆さんが集って、ロザリオを唱えています。山内園長神父さまが率先して、ロザリオを唱えています。瀧神父さまも参加します。今朝の園長神父さまのミサの初めに、「ロザリオの月でした。今日で終わりですが、頂いたお恵みを感謝しながら、祈りましょう」とお勧めがありました。ロザリオを唱えると、心が安らぎます。
★長い歴史を持つているマリア信心です。隠れキリシタンたちも、木を輪切りにして、芯を繰り抜いて、穴をあけて、縄でつないでロザリオを作って、祈っていました。ロザリオは思いがけないお恵みを人生に与えます。
★瀧神父さまのお姉さんが、鹿児島で、100歳で神に召されました。お祈りください。
★ヨハネ村山修道士さんが、入院しました。お祈りください。