2016年8月7日日曜日

人の生き方が、カオにあらわれる。やさしい顔に魅力

昨日の、誕生会のときの「大曾神父さま」です。誕生日が、8月10日で、89歳になられます。
★大曾神父さまを訪ねると、いつも、お顔を見て、「ああ、いい、カオ、されているなあ」と感心するのです。おだやかな、やさしいお顔です。「ありがとう、ありがとう」と、低い声で言われます。職員の皆さんから、喜ばれています。
★ホームに来られても、入院されて、大変な時期もありました。
★人の生き方、これまでのご苦労があっても、根がしっかりしておれば、その心情が歳を重ねたときに、お顔に形成されるのではないか。その人の人生が、顔に出るということです。顔には責任があるのですね。その点、大曾神父さまのお顔の優しさに魅せられます。五島から、ご親戚が数人、見舞いに来られました。
★司祭には、心温かい介護をしてほしいと思います。神さまのため、働いてきた。信徒のため、教会のため、一生を捧げてきた。司祭も、年が経てば、老いて来る。からだも、アタマも、弱ってくる。人間だから当然でしょう。家族は、ありません。老いても、幸せになってほしい、それが願いです。安心して、苦労が無く、余生が送れるような場があってほしいと願うばかりです。