2016年8月12日金曜日

聖コルベ館で、5年目に出会った男性の喜び、嬉しい

ポーランド映画の取材に出かけた日のことです。早めに、聖コルベ館へ着いて、取材班が来るのを待っていた。修道服に着替えて、事務室に座ると、「ああ、2年前までは、こうして、ここで訪問者を待っていて、案内したものだったな」と感慨ふかい気持ちが湧いてきた。
★すると、「ピン、ポン」と来客の知らせがあって、1人の男性が入ってきた。早速、出迎えて、「いらっしゃい」。以前の気分にもどったよ。
★男性は、「小崎サンですね。前にも、2回、会っています。これで、3度目です」と喜んでいる。「前は、いつ来ました?」「3年前かな」「そのとき、何かの思い出がありますか?」「あなたにとって、信仰とは何ですか?と聞かれた。まあ、いろいろ浮き沈みはあるけど、乗り越えることが出来た、そんなに答えたように思います。日記に書いてくれた。ありがとう」
★大阪で、私の弁士で、「日本26聖人」の映画を見ました」。彼は、「身代わりの愛」(聖母文庫)を1冊購入した。サインをしてくださいと願われる。「愛の花びらは、いつまでも、枯れることは、ない」と筆ペンで印した。彼は喜んでくれた。
★ホームに戻って、日記を調べてみると、2011年7月19日の日記に写真と共に載せている。(やっぱり、彼はよく覚えていた)。『彼に問うた。「あなたにとって信仰とは何ですか」「自分の生きる道を確かなものにする。そのためには後悔しない。そこに信仰がある」。少年の頃、洗礼を受けた。家族も洗礼を受けた。関西に居て、把握できない奥深い何かを、長崎では見出しますね」と明るい表情をしていた』と日記には書かれていた。
★5年経って、また会おうとは・・・・。聖コルベ館での醍醐味だね。ずーっと、聖コルベ館に居りたいよ、そんな気持ちになりました。