2016年8月5日金曜日

聖コルベの9日間の祈りが始まる。祈りを捧げましょう

朝、ミサの後で、お知らせがあった。「今日から、聖マキシミリアノ・マリア・コルベの9日間の祈りが始まります。祈りましょう」。コルベ神父の「無原罪の聖母への祈り」を唱えた。
★8月に入り、聖コルベの殉教の日が近づきます。コルベ神父に、日頃から親しみを感じている人は、毎日、13日まで、何らかの「祈り」を決めて、お捧げください。
★写真は、ポーランド・ニエポカラヌフ修道院の、コルベ神父時代の建物と聖堂です。(内倉直美さんが写す)。この修道院から、ナチス・ドイツ軍の将校に連行された。多くの修道士たちとの別れは悲しいでした。刑務所に入れられ、アウシュヴィッツへ移送された。身代わりの愛の死刑を引き受けたのが、7月30日頃ですから、今の時期は地下牢で、飲食を絶たれて、餓死刑で苦しんでおられた。コルベ神父の飢え、渇きを思いながら、14日の殉教の日を迎えましょう。
★ポーランドの国営テレビが長崎へ取材に来ると、前に知らせがあったが、確認の電話がきました。8月9日、長崎・原爆の日の午後、聖母の騎士へ来るそうです。
★いつも来てくださっている理髪店へ、サンパツに行ってきました。