2016年8月17日水曜日

修道会の仲間たちが集って、楽しい会食を賑わった

お祈りの後は、会食です。聖コルベの祭日。長崎地区の修道者と、東京からの神学生や志願者たちが集った。聖母の騎士の食堂です。こういう雰囲気はいいですね。長崎に来た甲斐があった。ホームで一人暮らしは、さびしい。
★仲間の修道者と一緒に、笑ったり、談じたり、親近感に飲み込まれると、修道者の思いが、ふつふつと湧いてくるのを覚える。ありがたいです。
★コルベ神父さまのことは忘れてならない。若者にも伝えていくべきででしょう。日本管区の基礎でもあります。
★一人の司祭が、皆さんを静めて、初めの言葉を述べると、いきなり、「カンパイは、トマがあげてもらおう」と言われた。「いや、いや、わたしは・・・」と、いきなりの指名に抵抗したが、断るのも大人気ないと思い、「きょうのお祝い、おめでとう。これからもお互いに努力していきましょう、カンパーイ」と、あっさりと、やってのけました。それで、よかったことにしてください。
★今の私の気持ちは、皆さんの腰にくっついて、よちよち歩いているようなものです。とはいえ、実は、内心は嬉しかった。こんなに皆さんが居られるのに、「トマ」を忘れず、名前を挙げたことは、まだ脈があるな、と思った次第です。
★いのち、ある限り、カンシャして、前を向いて、神のみ旨を果たして行こう。
★入江さんと、入浴した。昼食後、入江さんと、大曾神父さま、西山神父さまを訪問した。