2014年1月30日木曜日

温泉、3日目。具雑煮を食べて、長崎へ帰る。よかった。

午前中に、長崎へ帰ります。この度は、島原へ行って、具雑煮(ぐ・ぞう・に)を食べました。写真のナベ料理です。サムライ戦争のときや、庶民の生活が貧しかったとき、何でも入っている、栄養のあるもの、そのようなつもりで、この具雑煮を食べたそうです。島原のお城のまえに、食事処があった。お昼どき、満席で、繁盛していた。みなさん、観光客ですね。誰もが、具雑煮を食べている。「島原へ来たら、具雑煮でしょう」。合言葉です。具雑煮に入っているものは、少しずつですが、次の通りです。鶏肉、大根、にんじん、サトイモ、白菜、ごぼう、しいたけ、油揚げ、高野豆腐、丸い餅、タマゴ、カマボコ、切りこぶ、など沢山入っている。量は、少しずつ入っているから、食べやすい。想い出になる味でした。★おかげさまで、今月も温泉に浸かって、ゲンキが出て、さあ、また、がんばりましょう。午前中に、聖コルベ館へ帰って来た。「おお、あかるいカオ、しているな」。そう言われれば、うれしいよ。普通は、「あれ、食べた」「これ、食べた」と言いません。しかし、この度は、「かき、おいしかった」と言いました。具雑煮は言わなかった。普通の生活が始まる。午後、ゆっくり眠った。やっぱり疲れているのか。夕方、スッキリした気持ちで、夕べのお勤めを祈りました。「生かされて、今日も祈り、幸せを感じています」