2014年1月17日金曜日

お祝い事の夕食。明るいカオの皆さん、長生きしてね。

お祝い事の夕食です。町の小さな居酒屋は、繁盛していました。仲間は、9人でした。飲み放題、食べ放題のお店ですから、安価です。料理は、自由に取ってください。最後に、水餃子(すい・ぎょうざ)のナベが出ました。母が、よく水餃子を食べさせたのを思い出しました。「余は、マンゾクじゃ」なんて表情、と言う勿れ。我らは、日々、晩酌は、しません。★老人になると、あまり物事には、動じなくなります。感動が少なくなる。行動範囲が狭くもなる。招待される恵みもない。それで、小さな喜びにも感動したいです。喜びたいです。感謝したいのです。そんな、ささやかな願いがあります。★この日、介護ヘルパーさんの入浴があって、ヘルパー男性との会話を楽しんだ。ヘルパーさんが、「ブログ、読みました。沖縄に行って、寝られない夜があったと書いていた。心配しましたよ。お風呂はどうしました?」などなど、よくぞ、声をかけてくれた。「気にしてくれて、ありがとう」と嬉しくなった。外部の人も助けてくれる。それ以上に、内部の皆さんも、助けてくれる。守られて、今日も笑える。★一方で、入浴すると、アセが出すぎるのか、腎臓1つでは、体調に少々異変を感じた。夕食時になると、多尿になるのです。楽しい会食と言うのに、3回も行きました。気になるよ。トイレの扉のすぐ脇に、白シャツの、会社員ら、5、6人が、盛り上がっている。トイレに行くたびに、ニラム、彼らの目が気になった。「それでも、行くしか、ない」