2013年8月31日土曜日

黙想、6日目。新たな出発をしよう。まだ前途は有るぞ。良し

祈りも、そうですが、食べるのも、大事です。毎食、20人余りの食事を、3度、準備するのは、大変です。何を食べさせようか、悩むでしょう。3人のシスターが居ると聞きました。最後の夕食になった。サシミが出ました。かたわらに、ワインが入ったゼリーもあります。小型のパイもある。実は、語りたいのは、料理もですが、これを作っているシスターにご縁がある。もう30年ぐらい前ですか、イスラエル聖地巡礼へ行った。ある司教さまのご案内、説明で、すばらしい思い出に残る旅行でした。男子は少なく、シスターが多く参加の旅でしたが、そのとき、1つの思い出が起こった。飛行機のなかで、どうゆうワケか、弁当が1つ足りない。2人が、同じ弁当を、分け合って食べることになった。そのシスターが、この黙想の家に勤めているのです。もう何年も、ここにお世話になって、シスターとの思い出を、繰り返しています。ニンゲンって、ふしぎなモンですね。小さな出来事なのに、なぜか、この思い出が、いつまでも残っている。安否を確かめ合って、「長生きしてね」と、2人で、玄関で写真も撮ったが、それは載せません。ほかのシスターのご苦労も合わせて、「毎食のごちそう、ありがとう」。こうして無事に、年の勤めの黙想を終えて、聖コルベ館に戻ったのでした。