2013年8月16日金曜日

滝の観音の手延べ冷やしソーメン、4度目の夏。抜群ウマイ

さすがに、手延べは、ソーメンの成り立ちが違うんですね。強いネバリ気があって、麺に厚みがあって、それでいて、口あたりが滑らか、と言うか、ススル感じに、リズム感がある。最初の一口で、吸い込まれて、いく。「ああ、うまいなあ。おいしいなあ、マンゾクだ」と、こういうふうになる。毎年、お盆ですから、調理のお手伝いさんもお休みです。それで、毎年、お盆には、夕食は、この冷やしソーメン。もう4回目かな。クルマで、30分。町の郊外の、山のなか、奥ふかく、滝の観音さまが居る処。清流が流れていて、小川のほとりに、ソーメン屋がある。客は我々入れて、3組だけ。涼しい処でした。ここは、店の構えが、いい。大きな石のテーブルがある。黒い巨岩ですよ。表面を平らに広く削って、10人分の、丸い、なべ底のような穴を掘っている。中央から清水が、細いミゾを伝わって、なべ底を冷水で満たす。竹のつつに入ったソーメンを冷水に浸して、手に持った薬味につけて、スルスルっと、一気に流し込む。マンゾクだよ。「トマさん、食べる時は、ゲンキやなあ、イキイキしている」。★主よ、あなたは、共に居られますか。あなたが、共に居られる神であることを、今日も、現わしてください。よろこびます。うれしいです。希望も、湧いてきます。苦しむ人、病気の人、貧しい人を、主の愛で、チカラづけてください。