2016年4月30日土曜日

ピオ中島神父さまの修道名の日。聖ピオ五世教皇

午後、散歩の途中で出会った「ピオ・中島神父さま」です。
朝、ミサのとき、「きょうは、聖ピオ五世教皇(1504-1572)の任意の日です」と司祭の説明があって、祭壇の前に、車椅子のピオ中島神父さまの姿があった。いっしょに祈りました。ミサの後で、修道名の「おめでとう」を申しました。
★そして午後、ホームの庭で、お会いしたのです。多分、前にも書いたことがありますが、本当の生まれは、昭和3年4月22日で、23日に洗礼を受けた。教会の洗礼名簿が最も正しいのです。当時は、お父さんは、漁船に乗っていたこともあって、役所に届けたのは、昭和4年1月2日になっている。昔は、こういう手続きが、度々行なわれていた。
★ピオ中島神父さまは、ホームに入って、7年になる。五島出身で、司祭になって、いろんな役職を勤められ、司祭叙階60年・ダイヤモンド祝いも過ぎた。歳をとると、休みの時です。ホームに入所当時は、まだ歩けたが、最近は足が弱って、歩行器を使って歩きます。付き添いは、増山さん(56歳)です。ピオ中島神父さまに要理を習い、洗礼に導かれた。いまは毎日、午後に来て、面倒を見ている。そのお陰で、神父さまは健康です。ありがたい。塀の上のイヌに注意。よく吠えるワンちゃん、友達です。
★きょう、ピオ中島神父さまが言った。「ロザリオを信徒間に奨励したのは、教皇ピオ五世だったのだよ」。えー、そう、なんだ。ロザリオの祈りは、1500年代から愛唱されていた。歴史ある祈りです。
★いま、教会で、そのロザリオを共同で唱えて、祈って、自室に来たところです。ピオ中島神父さまも、いつまでもお元気であってほしいと願います。