2015年10月4日日曜日

アシジの聖フランシスコの祭日。憎しみよりも、許しを

修道会の創立者、アシジの聖フランシスコ。ホームの名前の聖人の日でもある。意識して、朝のミサは修道服を着て、祈った。聖フランシスコはどんな聖人?と聞かれて、説明するには、どの部分
を切り取って、話をまとめればいいのか、迷うし、悩む。
★豪商の息子に生まれた彼は、騎士に夢見て、戦いにも挑む。しかし捕らわれの身となり、神の声を聞く。「主人に仕えた方がいいか、シモベに仕えた方がいいか」。彼は、立ち上がる。古びた教会で祈っていると、また彼に神の声が聞こえる。「教会を修復しなさい」。最初は建物と思っていたが、それは深い意味を含んでいた。
★親からもらった衣服も持ち物も、すべて脱いで、父親に返して、新しい生活を始める。それは主キリストのように生きること。福音に生きる。十字架を愛し、求め、最後はキリストの聖痕を身にうけた。一晩中、泣きながら、「ああ、我が神よ」「ああ、我が神よ」と、朝まで祈り続けた。
干し何物をも携えることなく、平和の道を、愛と従順のうちに、清い心で歩みつづけた。彼にとって、鳥も、魚も、狼も、空も、太陽も、兄弟姉妹だ。人を愛し、虐げられた人を愛し、重い皮膚病の人を看護し、神以外に、何者にも捕らわれず、争いを好まず、腰低く生きることを望んだ。・・・・・本当のフランシスコの心に、生き方に寄り添えない。余りにも巨大すぎる。だが、ふしぎに心が引かれる。
★ああ、オレは何を書いているのだろう、と思う。もう一度、聖フランシスコの伝記を読みたいと思う一日であった。