2015年10月24日土曜日

記念日。10月24日、入居した日。1年が経過した

忘れもしないコスモスの花が咲いている夕方でした。高原修道士さんが運転するバスに1人乗せられて、窓から見えたのが、これらのコスモスだった。高原さんが慰めるように、「向こうに見える山は・・・・」と説明していたが、気持ちの沈んだ目は、風にゆれるコスモスを眺めていたのでした。
★そのコスモスは、落ちて行く夕陽に向かって、みな花を広げて一斉になびいていたのでした。「ああ、コスモスも、しっかり、生きているな」「よし、オレも」と思った日だった。
★夕食に間に合った。5時15分が食事です。15分か、20分あれば食べてしまう。その後、食堂を出て行くが、挨拶は、「おやすみなさい」。あれには、びっくりしたな。いまも変わりはない。
★まる1年が経過して、単調なホームの生活だったが、それでも長い1年で、いろんな出来事が起こっていた。まあ、元気で、1年を過ごしたのは、うれしい。高齢者が刻む年だから、1日、1日が大切だと感じる。高原修道士さんも職員として、がんばっている。