2015年10月15日木曜日

評価されて、人は生きがいを持てるのか。なら、ここは?

生き、生き、とは、人に必要とされること、だそうです。テレビが言っていました。「人に喜ばれて、自分のおこないが評価されて、人に認められる、そこに、生き、生きがある」そうです。そういわれていても、ホームでは、評価されることがあるのかなァと思います。自室にバラの花をさしました。
★ロザリオが終わったあと、県外から面会にきた夫妻が待っていた。「ああ、ひさしぶり」。聖コルベ館で、もう、10年、20年も前から、古くから、ルルドのお水で知っている。奥さんが聖母の騎士のルルドのお水でお恵みをいただいた。出会ったときは、いつも寸志をくださる夫妻だった。もう、トマさんも老いぼれてしまって、自分たち、わかってもらえるか、心配してきました。元気そうで安心した、と喜んでくれる。
★長崎へきた目的は何ですか?「第一には、セルギウス修道士さんのお墓参りに来ました」。セルギウスさんから大きな慰めをうけた。わすれない。ひさしく来なかったが、やっと浦上のカトリック墓地に行って、望みは果たした。セルギウス修道士さんは103歳まで生きて、愛の痕跡を残したポーランド人だった。「次に、ルルドのお水を、大きなペットポトルに6本、箱につめて宅急便で送りました」。精神は忘れていない。別れに際して、ちゃんと、寸志はいただいた。