2015年6月11日木曜日

耳が近いと、いろんな声も入ってくる。よしあし、だな

梅雨の晴れ間、小さな蝶々が、花を乱舞する姿を見つけた。デジカメを向けたが、わかるでしょうか。★食事のとき、「この辺は、スズメが多いね」というと、女性が、「オードカ、もん」と返した。「オードカ」とは長崎の言葉です。何と訳したらいいのか、書きません。想像にお任せします。この女性は「大正15年生まれ」。昭和の元年。その年は12月25日まで大正だった。昭和元年は少ししかない。大正うまれは、さすがにシンの強さを感じる。耳が近いので助かります。老人と話すときは、2度繰返さないといけないので、疲れる。この女性は「向こうの食卓の話も聞こえる」ので語りやすい。社会生活では、いろんな声が聞こえてくる、と教えらることが多い。★きのう、長崎へ出たとき、天主堂の近くを車で通りながら、ガンで亡くなった親友のことを偲んでいた。彼も居なくなった。毎朝、健康のため散歩しているよ、と自慢していた彼は、もう終わった。人間は死ねば、すべて、この世の生は終わると、痛切に感じた。苦しくても、生かされているのが、幸い。生きつづける。前に進む力を失うな。親友が、最後に色紙に書いてくれと頼んだ言葉が、「おおせのごとく、我に、なれかし」だった。