2015年6月17日水曜日

なぜか、母親の着物姿を載せました。若くして被爆死

なぜか、母親の姿を載せた。今年は原爆70周年になる。母親が爆死して、70年になる。命日は原爆落下の日だった。無残な日と共に、母のことは忘れることが出来ない。行方不明で、遺体も見つからなかった。さびしかったよ。どれだけ泣いたことか。それまで母親に、甘えて育った日々だった。「かあちゃん」と呼んでいた。父は早く病死した。兄弟は、いない。母と2人での寂しい暮らしだった。父が亡くなったとき、母は、35歳。自分は、7歳。母が、着物を着て、よそ行きの格好をすると、「どこか、遠くへ行くのでないか。再婚するのでないか」。心配で、悩んだ記憶もチラ、ホラ、アタマの隅に残っている。働き通しの母だった。戦争中、食べ物のない時代に、苦労した行動を思えば、胸をしめつける。あれから10年後に、45歳で亡くなった。戦争さえなければ、原爆さえなければ、まだまだ長く生きていただろうに、母が痛ましくてならない。母からもらった命。まだ、つながっている。「かあちゃんの血と心は、生きている」。自分の中にあるうちは、母はまだ生きているのだろう。そう思いたい。母からもらったなかに、カトリックの信仰がある。ロザリオも残した。聖母の騎士のルルドへ連れて行ってくれて、マリアさまを示したのも、母だった。「マリアさま、この子をお頼みします」