2015年6月22日月曜日

父の日に、思うは、父のこと。ふるさとは、どこですか

たった1枚の父・母の写真。これ以外に父の写真はない。原爆で、すべては消失した。親戚の家に残っていた貴重な1枚だった。「ああ、父とは、こんな人か」。想い出せない。7歳のとき、病死したから、記憶に父の姿は殆どない。北朝鮮の町で、胆石と言う病で、手術もできず、亡くなった。46歳だった。家の近くに海があって、防波堤が伸びていた。父といっしょに散歩したことを、かすかに覚えている。厳しい教えを受けても、父は懐かしいだろう。自分にも、何か記憶が有ったらな、と思う。子どもの頃に、親から、スケートや、水泳、将棋も・・・習わなかったことを後悔している。★きょうはホームで、「コールス」といって、20人ほどが集まって、女性職員さんから、童謡を歌い合った。幾つかの歌を取り上げたが、その中に「ふるさと」があった。職員さんが、1人、1人に、「ふるさとは、どこですか」「ふるさとの、いいところは何ですか」と質問した。皆さんの反応が結構、楽しかった。上五島の人もいる。地元の人もいる。佐世保や、島原の人もいた。「いいところは?」と聞かれて、島原の人は「雲仙岳」と答えていた。自分にも順番がまわってきた。「外海です。いいところ?、海がきれい。夕陽が海に赤く沈む風景がすばらしい。有名です。車や、ツーリングで、楽しみに来る人たちがいます」。★外海は父の生まれた村。場所は集落の峠で、近くに遠藤周作文学館が建っている。外海の父と、浦上の母が、どういうロマンスがあったのか、肝心なことは聞いていなかった。惜しいことをしたと思っている。「ふるさと」の歌、いいですね。