2015年4月4日土曜日

遠くへ、行きたい、思ったこと、ある?あったよ、今も

数年前の秋ごろ、まだ聖コルベ館に居たとき、書いていたメモが見つかった。「遠くへ、行きたいと、思ったこと、ある?あるなァ。1度や、2度は、この場所、この人から、離れたい、どこでも、いいからと、思ったこと、あるサ」と書いてあった。メモの日にちも、ある。2011.11.2だった。書きなぐりの字の流れを、じっと、いまホームで見ながら、指で数えてみれば、3年半ですよ。現在のホームに居るなんて、想像もつかなかった。人は、いまの環境を、恵みと考えない。「遠くへ行きたい、思うこと、ある?」。ああ、やっぱり、「行きたいなァ」と、あるんです。人の気持ちは、あっちや、こっちに、飛んでいくんですね。★ホームのスピーカーで、お知らせがあった。「復活祭のタマゴつくり、お手伝いにきてください」。考えを打ち消して、痛む足を伸ばして、出かけました。20人近くの人が、復活祭にむけて、タマゴつくりを、丹念に、作業している。少しばかり、加勢しました。ホームの人、教会の信者さん、にぎやかに談笑しながら作っているのが、これ、これが復活のタマゴです。200個ばかり、作った。紙のケースは1年がかりで準備し、なかにタマゴを入れて、ヒモで閉じて、小さなアクセサリーも付けている。ここで、こんな作業をしている自分がフシギに思えました。環境が、すっかり変わりました。心をこめる作業です。今夜が、いよいよ復活徹夜祭です。