2015年4月6日月曜日

楽しそう、出会いは恵み。また何かが生まれるかも

幸一君のお母さん、田川香さんと、明子さんの写真です。自室の狭い部屋で写しました。明子さんが、湯江駅まで、車で送ってあげるという。仲良しになりました。2人とも、楽しそうです。出会って、良かったと思いますよ。香さんがホームへ来たことは、ちょっとした話題になった。自分は、ホームでは、田川幸一と呼ばれているから、「幸一のお母さん、え?若いなァ」とか言う声もあった。食卓の隣の女性は、こんな話をしていた。騎士誌で、「小崎登明さんの記事をいつも真っ先に読んで、楽しみにしていた。その人が田川さんって、光栄です」「いいえ、とんでもありません」。ホームに入って、登明の名は使わなくなったが、また手紙のサインに使おうかと思う。迷っていますよ。★今朝、ミサで、終わった後、席で、すれ違いに明子さんに出合った。ニコッとして、そのまま別れたが、後になって後悔した。一言、いえば良かったなァ。「昨日は、香さん、送ってもらって、ありがとう、ね」。一言が心を温めるんですね。間をおく大切さを反省しました。あわてんぼう、なんですね。あせり過ぎかな。