2012年3月20日火曜日

2人の若者が、1年間の修練へ入る。お祈りを

春です。希望の春です。2人の若者が、靴をぬいで、聖コルベの小聖堂の祭壇前に進みました。天国のコルベ神父も喜んでいるでしょう。フランシスコの黒の修道服を着せてもらって、この日から来年のこの日まで、1年間、フランシスコの会則、会憲に従って、修練を始めました。修道者への道へ入るのです。神に捧げる若者の姿はいいですね。私も、若い頃を思い出しました。若さを、神さまに奉献するのです。2人は修道者の名前を聖人名からいただいた。「アンゼロ(守護の天使)」と「テレジア(小さき)」です。皆さんのお祈りをお願いします。これからは私たち同志のお祈りも声が大きく揃います。期待がふくらみます。志を貫くには、人間のチカラでなく、お祈りのチカラが必要です。クツ、見て、[デカッ」、言わないでね。何cm?、教えません。カラダが大きくても、「小さき兄弟」と呼ばれます。