2012年3月5日月曜日

退院後、予約の診察日。体調は、どうですか?

入院中、治療の点滴が終ったのが、金曜日だった。あれから10日経っている。今、あまりにも尿がキレイになったのに、おどろいている。入院前と全く異なる。尿がキレイだと、心も、スッキリ、落ち着きもある。ファイトも湧く。ニンゲンって、現実的なものだと思う。この度は「急性・腎盂腎炎」の恐ろしさを、特に身に浸みて感じた。尿が出なくなる。大変なことだ。20時間の不安。腎機能が低下する。アウトだ。だが、助けられた。救われた。
病院・玄関を出るとき、庭のアシジの聖フランシスコの白いご像を、まじまじと見た。「生きて行くチカラを、もらいました。ありがとう」。それしか言えない。聖フランシスコは私の背後に、何を語るか?「あなたは、祈る人ですか?ひとりで、祈る人ですか?あなたの生き方は、ホンモノです」。そんな声が、聞こえてくる。「ひとりじゃ、祈って、おらんなあ、まだ、まだ・・・」