2012年3月17日土曜日

信徒発見の記念日。聖母マリアに導かれて

長崎の修道士です。信徒発見のこと、よーく、分かってます。今朝、ミサの祈りのとき、うれしかった。「信徒発見じゃない」「神父発見ですよ」。司祭が言った。「あと3年で、150周年になる」。本当にフシギと思います。①サンタ・マリアの導きによって発見された。キリシタンは7代にわたってサンタ・マリアに祈ってきましたからね。願いがかなった。②キリシタンはエライ。厳しい迫害にも、くじけず、代々にわたって信仰を守り抜いた。私たちの先祖ですよ。誇りに思ってよい。それには秘密があった。オラショを唱える。暦から祝日を祝う。犯した罪の後は、コンチリサン(痛悔)。大事なのは③私たちも、聖母マリアの祈りに守られて、力強く信仰の道を歩むこと。マリアさまが助けてくださいます。素直に、単純に、信じて生活のチカラにしましょう。それにしても④コルベ神父は長崎上陸して、真っ直ぐに「大浦天主堂の信徒発見のマリア」へ向かった。コルベ神父の行為にはムダがない。感心しますよ。マリアさまの熱愛者だから、本人も満足だっただろう。とにかく今日は嬉しい日です。