2017年11月9日木曜日

若い人からパワーを貰う。老人は賢明な教えを語る


今どき、女子高校生と向き合うのは、本当に楽しいことです。生徒数185名、先生9名の大人数ですからね。気持ちも盛り上りました。
★長崎・聖母の騎士教会です。先ずは恒例の「ハレルヤ」を合唱。指揮者が居て、すばらしい歌が聖堂内に響き渡りました。それから小崎修道士の出番、お決まりのお話しです。ちゃんと立って、30分ほど語りました。
★皆さんは自著「十七歳の夏」を読んで、読書感想文も書いている。気持ちは、すんなり「つながり」ます。いつも17歳の原爆の日の3つの体験から入る。女子高校生たちも17歳だからね。もし、あなただったら、どう生きる?人間は孤独だ。結局、「助けなかった。困難が来たら逃げた。仇なる人間を許さない」。これが人間の底辺の心情です。誰にでも、ある。孤独も、自己中心も。
★それを語って、コルベ神父の生き方に移る。私の生き方の裏返しが、コルベ神父の愛とイノチとなる。「助けてあげる。苦しみにも決して逃げない。ナチの兵士たちさえも許してあげる」「憎んで当然、恨んで当然、仕返ししようと思うのも当然でしょう。なのに、コルベ神父のような人も居る。それを見る時、どん底を味わう人間の世に、まだ希望がある」
★イノチを助けられた男性の話もする。3度、彼に会った。3度目は、91歳。彼は93歳で亡くなった。「恩は、もう、その人には返せない。別の所で、別の人に返していく。それが人生なのです」
★もう、この女学校にお話を始めて、27年になる。長い年月だよ。お話の後に、また合唱「愛」が聖堂に響きわたる。胸を突き上げられる雰囲気だった。場を聖コルベ館に移して、「聖コルベの部屋」の前で記念写真を撮る。女子高校生に囲まれて、ホームのことは忘れて、ご機嫌でした。
★1人の先生と、ツーショットで撮った。10年ぐらい前、生徒として聖コルベ館の見学に来て、小崎さんの話を聞いた。あれから大学を出て、勉強を重ねて、母校に就職し、今度は、生徒を引率して来ました、と嬉しい知らせを教えてくれた。
★女子高校生、先生方の皆さんに、ハガキ版のカードをプレゼントした。大分県の恵理子さんが作ってくださった。長崎・聖コルベ館訪問の記念になるでしょう。