2017年11月7日火曜日

「語らず聴きます」傾聴ボランチア女性。お疲れ様

月に1度、自室に来て、言葉のお相手をしてくださる。遠方から、バスを乗り継いで来られるので、大変です。自分からは語らず、意見をせず、ただ聴くだけ。辛抱もいるでしょう。こちらは何を語ろうか、考える。思ったことを、ポン、ポンと吐き出す。心の荷が軽くなり、自分のアタマの整理も出来ます。ありがたいことです。
★先ず①ホームの生活は、どうですか。②からだの調子は、どうですか。③何か、悩み事とか、心配事がありますか。④楽しみは何ですか。⑤生き甲斐はありますか。ホームに居ても、色々あるね。自分は、何が面白いのだろう。好奇心は、どこにあるのか、など考える。
★ステントの交換があった。これから老いていくと、交換の苦労はどうなるのか、先の事だが、心配になる。どこまで生かされるのか。ホームの規則に素直に従い、人と人との関係を大切にする。イザコザ起こさず、波風たてず、相手に気をくばる。あまり暗いことは思うまい。
★「ブログ、読んでいますよ」とボランチアの女性。「恥ずかしいな」と思いつつも、ブログ(日記)を書くのが楽しみです。「これ、書かないようになったら、トマは、ボケるよ」。そう言われているからね。1時間ほどで、女性は丁寧にお礼をして帰った。「こちらがお礼、しなければいけないのに」。写真、撮らせてね、と頼むと、あまり好まない表情だったが、応じてくれた。