2017年11月28日火曜日

生きているから、花も咲く。ホームも色々行事あり

ホームの隣、湯江教会の祭壇の生け花です。毎日、この教会で、早朝は、教会の祈りとミサ、午後3時15分からロザリオと夕べの祈りを共同で捧げています。祈れることは幸せです。「生きているからこそ、花も咲く」。そんな言葉もボンヤリと考えました。最近の気持ちは、どうですか?
★人生には思いがけない苦しみ、困難が来ることがあるんですね。それでも生きなければ、ならぬ。十字架を背負わなければ、ならない。神はそれを望まれる。ツライですよ。でも受けて立つ。最後まで背筋を真っ直ぐにして生きたいと思いますよ。
★金祝のお祝いの時に、お会いした五島・福江のスエミさんから「ふくれ・まんじゅう」を送りますからね」と声をかけられた。ありがたいことです。オラショの旅で、五島を巡礼した時、いつも「ふくれ・まんじゅう」の贈り物を頂きました。食べて、ゲンキが出て、笑いがバスの中で起こったものです。懐かしい思い出の「まんじゅう」です。ホームの栄養師さんに「ふかして」もらって分けて食べました。
★今日は、午後から車で20分ほどの歯科医院へ歯の治療に出かけます。台に上って治療に1時間はかかります。帰って来るのは4時前でしょう。
★明日は、ホームから「日帰りドライブ」に出かけます。9時出発だそうです。帰りは遅いでしょう。行先は雲仙の「青雲荘」です。残念ながら紅葉はもう過ぎたでしょう。豪華な昼食や、温泉、カラオケなどが楽しめるでしょう。ホームに居ても、結構、動き周る行事があります。「ホームにお世話になるなら、ゲンキなうちに入りなさい。生活に慣れる経験も必要です」と勧めます。