2016年1月17日日曜日

日曜日。教会・祭壇の生け花。マリアを通してイエスへ

今週の湯江カトリック教会の祭壇・生け花です。毎週、親切にも生けてくださる女性が居ります。祈りながら、見るのも楽しみです。
★日曜日。ミサで、祈る。聖福音は、「カナの婚礼・イエスの最初の奇跡・水をぶどう酒に変える」場面であった。イスラエル巡礼旅行のとき、カナへ行ったことを思い出した。確か、ぶどう酒を買って喜んだ。遠い思い出です。
★母・マリアさまが、御子イエスに、ぶどう酒がありません、と告げる。イエスの答えは、「まだ、そのときでは、ありません」。しかし母マリアは、召使たちに、「イエスの言われる通りにしなさい」
★母マリアさまを通して、イエスへのお願いが叶った。お説教の司祭は、ここで、コルベ神父の話を出して、「マリアを通して、イエスへ」と語った。その話を聞いて、嬉しくなった。マリアを通して、神イエスへ至るのがもっとも近道であると、コルベ神父は教え、最も信頼できる近道である、と聖母の騎士信心会を創立した。今朝は、祈りながら、そのような理想を考えた。
★「マリアさま。よわい、わたしを、たすけてください。あなたの、やさしさのなかで、いこわせてください。マリアさまも、おんこ、イエスさまも、たくさん、たくさん、くるしまれたことを、本心から、わかる、めぐみを、あたえてください」