2014年3月31日月曜日

ポーランドからの客。「何事も、神さま無しに語れない」

3月の終わりの日です。うれしい見学客があった。赤いお服のお母さん。その隣、息子さん。ポーランドから3週間の旅行できた。お母さんの名前、クリスチナ。コルベ神父さんが好きです。ポーランド語の騎士誌を読んでいる。息子と初めて日本へ来ました。右側の女性、娘です。お姉さん。いま九州・福岡県に住んでいる。日本人男性と結婚した。「それでお母さんと、弟を呼びました。お父さんは飛行機が怖いです。来なかった。お母さんは自然が好きです。黒川温泉へ連れて行った。これから屋久島へ行きます。私は度々屋久島へ行った。すばらしい所です。お母さんも喜ぶでしょう」。かわいい女の子、男の子。風車をプレゼントした。お母さんに聞きました。「常日ごろ、思うこと、ありますか?」。ポーランド語で答えた。「べズ・ボガ・アニ・ド・プロカ(神さま、無しには、踏み台にも、あがれない)」。何事も、神さま無くしては、語れない。すばらしいコメントでした。今日の1日、とても楽しい日になりました。旅行は、安全に。幸せ、祈ります。