2014年3月22日土曜日

三々五々、見学客。色紙も描き揃えた。イラッシャイ。

ポーランド人の若い女性が、2人で見学にきた。ワルシャワ大学の日本学科の4年生、1年休学して、日本の大学に留学している。コルベ神父さま、愛の行ないに惹かれます。大分から、若い女性が1人で、日帰りで、列車で、コルベ神父を訪ねてきた。コルベ神父の本を買いました。いま読み始めています。教会へ行くように勧めた。「教会に入って、静かにお祈りしなさい。神さま、まだ何も知りません。導いてください。人生を大切にしたい。清く生きたいです。力を与えてください」。祈ってください。修道士に出会って、話を少し聞いて、安心して帰られた。色紙を描き揃えました。1枚、1.000円です。記念に買ってください。字も、絵も、じょうずでは、ない。でも、書かれている言葉は、励ましになるでしょう。★「心のなかに、愛を宿せば、宿すほど、苦しみの必要性を感じるでしょう」。これはコルベ神父の言葉です。フランシスコ会の修練長・神父さんが教えてくれた。神はの愛を燃やせば、燃やすほど、苦しみたい、苦しみを与え給えと、望む。それは先に苦しまれた御方が居るのを知ったからです。苦しまずして、聖成は、ない。そこまで思い詰めるのです。聖人たちは、みなさん、苦しみを体験しました、それを乗り越えて、喜びを見つけました。倣いたい気持ちです。