2014年3月11日火曜日

3月11日。悲しみの日。再生の日。祈りの日。天国を思う日。

午後、自室に居た時間でした。テレビをつけると、「あッ、津波だ。押し寄せてくる。タイヘンだ。あれ、クルマが走っているじゃないか。歩いている人が居る。どうして逃げないんだ。逃げろ、逃げて」。あの時のショックを忘れない。思わず、自室で叫んでいた。あれから3年が過ぎ去った。だが、心は癒されない。多くの人が家族を失い、親しい人を失い、大きな悲嘆に沈んだ。★津波が去った後の荒野をテレビで見て、正直に思った。「まったく原爆の廃墟と、同じだな」。愛する人を失ったよ。残った者は、生きる判断を責められ、耐えていかねばならぬ。救いは、あの人に出会った、この人にも出会った、その喜びを、しっかり忘れないで、残して行こうじゃないか。今日は、亡くなった人を想い、生き残ったことを思い、祈る日です。★死んだ愛する人は、いつも、そばに居るよ。