2014年3月7日金曜日

赤ちゃん、洗礼を受ける。手紙が届いた。幸せになってね。

1月19日に、かわいい赤ちゃんの写真を載せた。ダンナさんは、ポーランド人。奥さんは、日本人。赤ちゃんの名前?1度、聞いたけど、忘れた。日記に書いていない。手紙が来ましたよ。「赤ちゃんの名前は、真彩(まや)です。7ヶ月です」。写真も送られてきた。日付は、あのあとで、2月18日になっている。「教会で、洗礼を受けました。4月には、1ヶ月ほど、2年ぶりに、ポーランドに行きます。娘は、初めてのポーランドです。ポーランドでも、コルベ神父さまについて、見学したいと思います。本当に、ありがとうございました」。洗礼の写真を見て、喜びました。よかったね。神さまのお恵みがイッパイですね。家族の愛が、いちばんの幸せです。愛の深い、信頼し合う家庭を築いてください。そう願いました。聖コルベ館に来たことも、忘れないでね。「夫(ポーランド人)は、修道士さんと、コルベ神父さまやポーランドについて話せたこと、とても喜んでいました。すばらしい長崎旅行でした」と、締めくくってあった。ポーランドから帰ったら、また報告に来てください。待っているよ。