2014年3月17日月曜日

施設の中に、小・中学校。今日が閉校式。悲しき参加。

もう、山の学校から、聖コルベ館へ降りてきて、23年になります。6年間勤めました。今日が閉校式。1つの時代の役割を終えました。朝から、山の学校へ。多くの関係者が集まって、儀式がありました。ミサがあり、卒業生たちや、恩人の皆さん、職員、後援会の方々のため、感謝と、幸福を祈りました。最後に、学園歌が、大きな声で唄われました。「ああ、歌があって、よかったな」と思うと共に、もう唄われない、惜しいなあ、の気持ちもありました。この歌は、自分が勤めていた時に出来たからです。「多良の山なみ、ツバキ原」。ツバキの木も校舎の周りに沢山植えました。ツバキが一杯、咲いていました。「わが学びやよ、わが友よ」。歴史は60数年です。沢山の少年、少女が学び、育っていきました。「聖母の騎士に、ヒカリみち」。マリアの優しさを、神さまの愛を忘れないでほしい。願いは、イッパイです。カンシャも、イッパイです。久しぶりに、知り合いの顔、恩人たちの顔に出会って、嬉しいでした。