2014年4月1日火曜日

島原半島・オバマ温泉・富士屋さんへ。1日目。

★いつもオバマ温泉に連れて行ってくれる白浜忠美さんです。お世話になってます。★毎月、温泉宿へ出かけている。「ゼイタクな」の声も聞かれる。だが当の本人は1つの試金石だと思っています。オバマには、被爆者療養の宿もある。泊まったこともある。今の定宿・富士屋さんは、その延長線にあると思っているんです。療養ですよ。オバマ温泉に来れなくなったら、「アウト」です。今までは、自分で運転して来た。今は出来ない。「ワン・ストライク」だよ。もし、オバマに来れない体力になったら、「ツウ・ストライク」になる。その後は「アウト」だからね。★実を言えば、この度は、あまり気が進まなかった。最近、アタマが、ふらふら。足は、よろよろ。いまいち、気乗りがしない。「ああ、これでは、ダメだ」と思い直した。前日になって、宿に予約。意を決してやって来たわけです。★そのまま来れば、1時間強で来る。善業も、と考えて、老人ホームに仲間の修道士を見舞った。車椅子だが、毎日、ロザリオ、3本。昔の祈りの「イエスの御名の連祷」「聖マリアの連祷」「聖ヨゼフの連祷」(もちろん暗記)を捧げている。「さすがは、長崎の信者だ」と感心・敬服した。寄り道したので、富士屋さん到着は、1時間遅れた。御かみさんが心配して待っていた。★温泉に浸かって、「ああ、来てよかった」と思う。最近、体調に不安を感じていた。詳しくは、書きません。「ピン・ころり」と思うこともある。「待て、待て。まだ、ぞ」。その夜の泊まり客は、たった1人だった。