2014年4月29日火曜日

コルベ神父は広く社会に向けられている。学んでね。

観光バスの新入社員の皆さんが、研修にくる。「コルベ神父さんのこと、聖母の騎士のこと、教えてください」。このガイドさんたちは、年に数回、修学旅行生たちを案内している。コルベ神父について、次のことから広がりを考えてください。①病気だった。懇意にしていた外国人向けの薬屋さんに、小曾根邦治郎さんがいる。祖父は小曾根乾堂で、幕末の志士をかくまった。歴史。②主治医が永井隆博士。如己堂の医師です。原爆。③作家の遠藤周作さんは、小説・女の一生で、コルベ神父を描いている。外海に遠藤文学館。④特別に聖母マリアへの信心。長崎教区は聖母マリアに深い関係がある。教会。⑤最後は、命をささげたことで、聖コルベの深い愛は全世界に広がっている。⑥ガイドさんたち、長崎は、グラバーさん、シイボルト医師など有名ですが、コルベ神父の名前も告げてください。バス・ガイドの服をきて、まだ1ヶ月しかなりません。これから色々とご苦労が多いでしょう。困難に耐えて、経験をかさねて、心豊かなガイドさんになってください。「聖人は、短い生涯でも、核心をつかんでいる」