2012年8月20日月曜日

入院3日目手術の本番。それは苦難の夜だった。キツイ

午後から手術は始まった。全身麻酔は、これで3度目。今度は「楽(らく)」だろうと思いきや、それは、それは大変な苦労だった。午後5時頃、術後の観察室へ入る。まず悪寒。並みの悪寒じゃない。「おお、寒いぞ」「寒いぞ」の連発。やがて熱が上がりだし、7度、8度、9度、なんと40度2分まで上がった。そのとき、後で思ったよ。「主は、共に居てくださったのか」。イヤ、イヤ、実際は、それどころで、なかった。家族が居ても、家族のことも考えなかっただろう。呼吸さえ、低下し、脇の「線が上下する器械」が危険音を発し、線が、平たくなるじゃないか。「無呼吸だ」と声が聞こえる。「ああ、オレはどうなるのだ」。それを考えるのが、セイ一杯だった。「主イエスは共に居られる」。本当かな。それは、後での話し。今は、必死。ところが、どうだ。看護師さんが、あわてて、右往左往している。座薬を入れ、注射を2本加える。すると、どうだ。夜中を過ぎると、熱が下がりだした。40度2分だよ。それが夜中の3時頃になると、じょじょに下がって、なんと、6度2分になったのだ。考えてもみよう。下がるとは言え、せいぜい、8度代か、7度代ぐらいまでが常識でしょう。それが6度2分だよ。そのとき、小崎修道士は思ったね。「待てよ」。イエスは共に居られる。そんなこと思わなかった、が待てよ。「この待てよ」がポイントだった。