2012年8月14日火曜日

聖コルベの祭日。友のためにイノチささげる者になる

聖マキシミリアン・マリア・コルベの祭日です。聖母の騎士の教会で、記念のミサがおこなわれた。シスターや信徒が共に祈った。聖コルベを思うとき、幾つかの聖コルベ・ミステリーがある。①計らずも殉教の日が、聖母の被昇天の祭日の前日だった。マリアに全てを奉献し、聖母の道具、騎士として生きた聖コルベにとって最も嬉しかったであろう。②聖コルベは、なぜ友のために命をささげたのか。それは先に、ささげた人が居た。イエスである。聖コルベの生きる目標は、イエスに似たも者となる。その通りに、友のために命をささげ、餓死の地下室で、裸で、われ乾くといって、全く似たものとして殉教した。③聖コルベの最後の苦難は、餓死室で、9人を天国へ送った後で、最後まで生きた。④所長に、『司祭です』と宣言して、人生を終わった。これらを思うとき、聖コルベに、どうして、そのような生き方が可能だったのか、考えさせられる。勇気か、聖なる決断か。コルベ神父を語る難しさがある。友を愛そう。敵を許そう。などと言っても、手垢がついた言葉では、誰も感動しない。心から、心へ、ホンネで語るか、どう捕らえるか、伝える難しさがある。