2017年8月1日火曜日

入江さんの誕生日。92歳。仲間で長寿を喜び祝う

朝食のとき、職員さんに言いました。「今日のお昼ご飯は、いりません」。昼食は、隣町の「大橋」店で、入江さんの誕生会を祝いました。長生きするよう願いました。
★写真は、左から、入江さん、瀧神父さま、トマ修道士、浜田神父さま、写っていないが、高原修道士、2人のホームの女性が会食を楽しんだ。92歳の高齢だよ。それでも、しっかりとした足取りで歩く。まだまだ生きますよ。ゆっくりと、お酒と、ウナギを楽しんだ。
★本人が口ぐせのように言うのは、愛する奥さんを亡くして、桜井神父さまに相談すると、小崎がホームに居るから、そこへ行きなさい。何も知らずに来た。来てみて、おどろいた。ホームの元・園長、初田神父も、川渕神父も、大曾神父も、みな知っている人、一緒に学んだ人たちじゃないか。隣の修道院の浜田神父とは、魚釣りで、仲間になる。ホームは、こういう場所だと来て見て、初めて知った。安心したよ。
★入江さんは、毎朝、6時のミサ、午後のロザリオに参加して、家族や、奥さんのため、また孫が東京芸大の先生になったので、かわいい孫の将来のため熱心に祈っている。祈りが入江さんの人生です。それに、夜、寝る前に、ちょっぴり飲むお酒も入っている。
『トマさんのことば』。お例文⑰兵庫県、澄男神父さま。「御本はとても美しく、魅力的にできていて、一つ一つのおことば、一枚一枚のお写真が温かく味わい深く感じられます。大きさも手頃ですので、手さげ鞄に入れて持ち歩きたいと思います」