2016年2月17日水曜日

毎月おこなわれる・こんだん・かい。お互い交わり

写真は、ホームで行なわれた、2月初めの節分の日の「豆拾い・競技」のようすです。豆を、左から、赤い右の方へ、移していく。歳をとってくると、手はふるえて、なかなか豆をつかめない。この男性は、左手で、移していた。
★ホームでは、毎月、「懇談会(こんだん・かい」といって、午後から皆さんが食堂に集まり、係りの職員さんから次の月の予定が告げられる。来月は、3月ですね。ひな祭りがある。去年は、おだいりさまの役を仰せつかったが、今年も何やらの役に、出て欲しいといわれた。否定は、しないよ。毎月、おこなわれる定番は、カラオケ、コーラス、生け花、ビデオ、眼科診察日、手芸、絵てがみ、ショッピング、ドライブ、軽体操など、いろいろあります。週、2回、内科のお医者さんの診察がある。3月は、復活祭があります。
★なかでも楽しみにしているのが、なんといっても誕生会です。3月は、9人がお祝いされる。その中の1人ですから、嬉しいですよ。出し物がオモシロイしね。
★「懇談会」には、皆さんからの意見も聞く。栄養師さん、看護師さんからの、お知らせもあります。栄養師さんは、「誕生会には、毎月、お赤飯を出していますが、なにか、意見はありますか」と言われた。「やっぱり、お祝いだから、お赤飯」。看護師さんから、「インフルエンザがはやっています。注意をしてください」。その他、転倒しないように、履物に気をつけるように、細かい注意も受ける。
★入居者を、介護するのは大変でしょう。お世話になります。お互いが、心が通い合って、家族的になって、よい住みやすいホームになるのでしょう。
★復活祭を前に、ソテツのはっぱを準備するが、今年は、出方が少ないです、と報告があった。