2012年11月10日土曜日

セルギウス修道士さんのゆかりの地にお花を飾ってください

聖コルベ館に、埼玉の女性から、立派なお花が贈られてきた。手紙が添えられて、「セルギウス修道士さんのゆかりの場所においてください」とあった。ポーランド人のセルギウス修道士さん(上の写真)が亡くなられて、2年。2010年12月16日に、103歳で神に召された。覚えてくれて、お花を贈ってくださる方がいらっしゃるんですね。ありがたいです。セルギウスさんは、コルベ神父さまを慕い、愛し、語りべになっていましたから、お花は聖コルベの小聖堂に飾りました。(下の写真)。きっと、セルギウスさんは天国で喜んでいるでしょう。女性は小学生の頃、長崎に住んでおり、セルギウスさんに、度々会っていたそうです。「友人といっしょに、遊びに行き、セルギウスさまから、英語やポーランド語を習ったり、ドーナツを作ってもらったり、畑の手伝いをしたり、楽しい日々を過ごさせていただきました」「教皇さまが聖母の騎士に来られたとき、途中で立ち止まり、私の頭と頬をなでてくださいました。うれしかったよ、とセルギウスさまに話したところ、記念のロザリオをくださったのです」。ロザリオは大切な宝だそうです。人には、いろんな思い出があるんですね。届いたお花を飾りながら、幸せになってくださいと、祈りました。「誰もが、幸せになりたいと願っています。幸せは、どこにあるのでしょうか。それは物質的な富や、宝物や、名誉、名声には、ありません。それは本当の自分を知り、自分を高め、人生を突きぬけ、越えていったところに存在します。幸せは、自分自身のなかに、求めなさい」。103歳を生きたセルギウス修道士の言葉です。