2017年9月26日火曜日

秋の野の「かかし」。フランシスコは叫ぶでしょう

先日、山の施設へ行く途中で、珍しく野に「かかし」を見つけた。車を止めてもらって、秋の風情を写した。
★明日、27日から、10月の5日まで、入院します。湯江教会では昨日から、アシジの聖フランシスコの祭日に向けて、9日間のお祈りが始まっています。ミサの後で、お祈りをします。祭壇の脇に、聖フランシスコのご像も安置しました。10月4日が、その祭日です。入院中のベッドで迎えることになります。
★聖フランシスコは、太陽も月も、金持ちも貧者も、オオカミ、小鳥などの動物も、兄弟姉妹と親しく呼びかけて、愛でました。おそらく、この「かかし」を見ると、「おお、兄弟姉妹よ。神さまの愛を皆さんにも」と走って近寄ったでしょう。「兄弟、トマよ。行って、おいで」と声が聞こえる。「何も心配はいりません。神さまが、お守り、導いてくださいます。すべてを委ねましょう。安らかな気持ちで行きなさい。自分の十字架を背負いなさい」
★荷物も整いました。無呼吸の機械一式を持参するので、バッグの数が増えます。高原修道士さんが自室に打ち合わせに来ました。明日は、9時に出発です。
★ブログをお読みの皆さん、力添えのお祈りをお願いします。