2014年2月2日日曜日

高い者は高く、低い者は低く生きる。抵抗なくて、いい。

おはよう。日曜日ですが、通常どおり、5時に起きました。テレビのスイッチを入れると、お坊さんの説話が行なわれていた。聞きながら、朝の身支度をすませる。お坊さんは、一糸乱れず、お話をなさる。リッパな態度です。お話しは、むずかしい内容で、理解に苦しみます。修業の、至らなさを感じました。素朴な修道士にも、良いものが有るでしょうか。写真が、迷いの多い修道士の表情です。★「導かれて、17歳のとき、この道に入りました。これまで、ままならぬことが度々起こったが、その都度、助ける人がいたのです。ここを創立した人は、かの有名なコルベ神父です。コルベ神父自身、この場所で6年間宣教した後、故国へ帰り、アウシュヴィッツで、身代わりの愛の殉教をとげた。思えば、すばらしい聖人につながっている。うれしいですよ。ほこりですよ。ここで生活し、最後を遂げたいと、願っています」★若い頃に、もっと勉強しておればよかった、と悔やまれる。病気や、苦難がイッパイあった。のり越えるのが、精一杯だった。自分に与えられたお恵みを受け止めて、自分らしく、生きよう。高い者は、高く生き、低い者は、低く生きる。それが抵抗がなくて、いいと思います。無学な者にも、生きる喜びは、ある。