2015年9月25日金曜日

大切なのは、生きるチカラ、感謝と恵みの確認でしょう

ホームの隣の修道院の夕食です。院長・園長神父さんの修道名のお祝いと言うことで、席によばれた。歳も80に近いのだから、「カラダを大事に頑張ってください」の挨拶もあった。
★幸い、この日は、1人の神父さんが、早朝から昼頃にかけて、魚釣りに出かけた。島原から、天草の近くまで、漁船を進めた。だから、その大漁たるや、はんぱじゃない。他に、ホームから3人が加わったのだが、タイが、わんさ、わんさと取れた。他の種類のサカナもある。「何ビキ釣れた?」と聞いても、ヤボだよ。
★タイのおいしさも、ほぼ決まっていて、何センチか、何キロか、話題になった。魚釣りに興味がないので、聞いても、いま覚えていない。ご馳走は、サカナの新鮮なサシミと、タイの塩焼き、煮しめ、ナシとブドウの果物などの料理があった。
★ホームで1人暮らしていると、やはり寂しい。忘れられているのでないか、そんな気持ちにもなるのです。こうして呼んでもらって、兄弟の仲間に入れてもらうと、自分の身分の確認にもなる。励みも、忍耐も湧き出るというものです。いま、自分に大切なのは、生きるチカラ、生きている感謝と恵みでしょう。写真には、このほか、ちょうど2人が席を外していた。
★その夜の祈り。「神よ、司祭、修道者を、愛のキズナで結んでください。困難を乗り越えて、協力する姿のなかに、あなたの現存が感じられますように」