2011年12月2日金曜日

ユビを丸めて、よかったよ、今日のイノチを

やっぱり生かされているんですね。わかりますよ。老人の心は敏感です。そうね、海岸に押し寄せる波を、小さな舟が波を1つ1つ乗り越えていく、そんな気持ちがしています。波の向こうには、明るい空がある。押し寄せる波(苦難)も見詰めよう。しかし空の彼方の(明るさ)も遠くだけれども見詰めよう。すると勇気が出てくるよ。結局、人生は自分は己(おのれ)で耐えるしかないのです。老人の徳は、覚悟だよ。孤独にも耐えよ。痛みにも耐えよ。神さまに素直に祈りましょう。「今日もイノチをくださってありがとう」「生かしてくれて、この苦しみをささげます」