2015年7月5日日曜日

「写真、いいですか」「ハイ」応じてくれた修道士さん

3日ほど前に、自室に来てくれた東京の松尾修道士さんです。3年前までは、このホームに働いていた。(聞き間違いでなければ)「10年勤めた」といった。介護はベテランです。気さくで、ユーモアがあり、英語も話す。人気があります。園内を彼が通ると、「まあ、なつかしい、お元気、また戻っておいでよ」と、声がかかる。手に手をとる姿もある。長崎で会議がある際は、帰りに必ず寄ってくれる。「今度も、会議があった。今夜、帰ります。いつも日記を読んでいますよ」と慰めてくれる。「そうですよ。日記も沢山の人が読んでくれて、感謝しています」。(4日の土曜日には、233人が見てくれている)。「ボクも、その1人かな」と彼。「写真、撮っても、いいですか」。頼むと素直に応じてくれた。(日記に載せられるとは、観念しているでしょう)。松尾さんが、持上げてくれる。「トマさんがホームに居るので、皆さんの力になっている。自分は10年、ホームに勤めたから、それが、よく分かるんです。頼りにしている」。そう言われて、そんな、そんな、大それた、お世話になってばかりで、何のお役に立っていません、が自分の心情です。出来るだけ、体操、グランド・ゴルフ、書道、コーラスなど、参加しているが、6月半ば頃から、手足がはれて、動きがとれなくなっているのが残念です。★昨日の誕生会についてのコメント、楽しみにしてくれて、ありがとう。うれしいです。