2015年7月18日土曜日

小さな虫にも、いのちがある。辛抱づよいバカになれ

廊下を散歩します。2階の窓辺に、しっかりと、しがみついている「虫」を見つけた。「何の虫だろう」。わからない。「キリギリス」と誰かが言った。窓を叩いても、飛んでいかない。「暑いので、ここで避けているのかな」。思いますよ。となりの窓をあけて、新聞紙をまるめて、追い払おうとすると、飛ばずに、上の方に場所をかえて登っていく。★いのち、あるものが、いとおしく、なりますよ。暑いのに、毎年のことですが、ホームの皆さんも懸命に生きています。わたしも、その1人です。「一番、苦しんだ人が、人の苦しみも、わかる。苦しまない人は、人助けもできない。わからない」。そう言ったホームの人がいた。「辛抱づよいバカになれ」