2014年8月11日月曜日

ルーマニア神学生。夏休みで来る。若さは、いいね。

★2年ほど前から、時々、日記にも書いた、背丈が小崎修道士と一緒ぐらいで、小さな神父、一緒に写真も撮った、ルーマニア人のペトロ・イシトク神父さん。東京で日本語を勉強している。その神父さんが、今年、5月からルーマニアへ帰国していたが、7月、また日本へ帰ってきた。そのとき、若者の神学生を、2人、連れて来た。その2人が写真の神学生です。★ヨーロッパのルーマニア国から、2人の神学生が、東京の関町志願院へ入学した。まず、日本語の勉強を始めます。日本語を話せるようになって、日本の大学で司祭になる勉強を始めて、司祭になるでしょう。若い修道会員が増えるのは、張り合いがあります。★2人は、8月になって、長崎へ来ました。いま院で、一緒に生活をしている。長崎へ来て、2人は、雲仙の殉教地、島原の教会など巡礼をした。長崎・原爆の日の夜の行事、祈りの灯の行列と、浦上天主堂のミサで祈りました。日曜日は、朝から、五島へ魚釣りに出かる。長崎の地らしい経験をつんでおります。言葉が通じない。ルーマニア語、イタリア語、英語、これなら大丈夫です。「ニホンのこと、いつ頃から知ったのですか?」と聞きたかったが、通じなかった。ザンネン。