2017年6月6日火曜日

ちょっと変わった上着を着ると、派手だね、言われる

午前中、月に1度の「書道」があった。5、6人が参加した。書を書くのは楽しみでもある。
★左の写真で見てもらいたいのは、書道の「筆字」ではなくて、着ている上着のシャツなのです。
★園の職員から、「シャレた、上着ね」と、ズバリ言われた。気にしますよ。修道士だからね。でも、今時の時期に着るシャツがない。黒い地に、白く細かな花模様が入っている。これに反対の、白地に、黒の細かな花模様の入った上着も持っている。これは、ちょっと、派手で、着るのには気が引ける。
★午後から、車で15分、歯医者さんへ行った。女性の技工師さんから、「いいシャツ着ていますね」と、ここでも言われた。この上着を着てだよ。たまらんな。
★修道服が一番無難だが、ホームで生活すると、上着に苦労する。女性が多いから、彼女たちは日々、衣装が変わる。そして、また沢山の衣装を持っている。男性は、大抵、同じような服を着ている。上着を変えるのに、悩みが起こるよ。